いすゞ病院|いすゞ自動車の企業立病院

入院・面会について|いすゞ病院|いすゞ自動車の企業立病院

病院紹介

院長挨拶

院長挨拶

  • 院長あいさつ
  • いすゞ病院は、いすゞ自動車株式会社の企業立病院として、昭和19年に設立。平成3年に現在の病院が完成し、平成26年に開業70周年を迎えることができました。たくさんの皆様から支えていただきましたことに厚く御礼申し上げます。

    平成29年8月末に大規模修繕工事を実施し、4階を健診専門フロアにリニューアルしました。同年10月から健診部門に婦人科医師を新たに招聘、一部の検査機器を入替えました。これからも地域医療及び福祉の向上に努め、多くの地域の方々に安全で心温まる医療サービスを提供するよう近隣病院と連携し、総合的な医療活動に病院一同取り組んでまいります。

    ご意見があればいつでもお寄せください。皆様のご利用をお待ちしております。

    院長 芦原 毅

閉じる

理念・基本方針・患者様の権利

  • 理念

    患者中心の安全で心温まる医療を提供します。

    地域医療及び福祉の向上に貢献します。

    自己研鑽に努めチー ム医療の質を高めます。

  • 基本方針

    急性期病院として機能します。

    いすゞグループ職域病院としての任務を遂行します。

    健診部門は診療各科と連携し受診者の健康管理を支援します。

  • 患者さまの権利

    公正な医療を平等に受ける事が出来ます。

    自らの選択に基く治療を受ける事が出来ます。

    診療に関する内容や情報を知ることが出来ます。

    プライバシーは保護・尊重されます。

閉じる

概要・沿革

概要

病院名 いすゞ自動車株式会社いすゞ病院
院長 芦原 毅
所在地 〒140-0013 東京都品川区南大井6-21-10
電話・FAX TEL:03-3762-9127 / FAX:03-3762-9129
診療科目 内科、外科、整形外科、眼科、皮膚科、リハビリテーション科、
人間ドック、各種健診
病院形態 一般病院
病床数 20床
主要設備 MRI、マルチスライスCT、X線、超音波診断装置、マンモグラフィー、
上部・下部内視鏡
設立 昭和19年
敷地面積 692m2
建物 地上7階、地下1階 延べ3,527m2

沿革

昭和19年(1944)
4月:川崎市所在の佐藤病院を買収し、いすゞ病院を創立。
(戦時中に病院焼失)
昭和20年(1945)
終戦後、診療所として再開。
昭和23年(1948)
9月:現在の大森に病院を再建。本格的な医療設備を整備。
12月:結核病棟(50床)を増築。
昭和32年(1957)
5月:第3期増築完了。総合病院として手術室、中央材料室、臨床検査室、厨房等の充実を図ると共に病棟も143床に拡張。
昭和43年(1968)
6月:第4期増築完了。3階の増築により、医局、図書館、看護師控室、技師控室を整備。病棟は117床に改められる。
平成3年(1991)
7月:現在の新病院が完成。病棟は102床でスタート。
平成13年(2001)
2月:いすゞ記念会大森ベルポートクリニックをいすゞ病院に統合。医療から健診(人間ドック、職場健診など)まで一貫したサービスを提供。健診部門統合により病棟は71床に改められる。
平成15年(2003)
病棟1単位に変更し、60床に改められる。
平成26年(2014)
4月:開業70周年。
平成29年(2017)
8月:大規模修繕完了。健診フロアのリニューアルと共に20床に改められる。

閉じる